トップページ > 保護者の皆様へ> 生徒指導部より 

生徒指導部より

服装について

 現在,全県で「さわやかマナーアップ運動」を実施しています。本校も服装をきちんとさせ,規範意識の向上に努めるということを重点目標として掲げています。
 『服装の乱れは心の乱れ』と言われるように,外見も中身も大切です。小さな乱れがあると,そこから乱れが大きくなってしまうことがあります。一高生であることに誇りを持って行動するように,ご家庭におかれましても,登校時・下校時など服装にお気づきの点がございましたら,ご指導の程よろしくお願いいたします。学校とご家庭の協力によって,生徒のさわやかな服装着用に取り組んで行ければ幸いです。
 なお,夏服(6月~9月)は本校指定の半袖ポロシャツとなっています。以前目についた,夏のシャツ出し・胸のボタンを広く開けるなどのだらしない格好が少なくなり,周囲からもさわやかだと好評です。今年度もこのポロシャツに関して,さわやかに着こなすよう指導を継続していきたいと考えておりますので,ご家庭でのご理解,ご協力をよろしくお願いいたします。
 

あいさつの励行について

 人間としての一番最初の基本的なコミュニケーションは『あいさつ』です。本校では,あらゆる場面でしっかりあいさつが出来るように,集会や登校指導はもちろん,様々な場面であいさつの励行を呼びかけていきたいと考えています。
 

時間の厳守について

 本校では,あらゆる場面で時間を守る習慣を身につけさせることを重点目標として掲げています。また,遅刻が10回に達した時点で保護者に来校していただき,生徒の生活を見直す場を設けています。
 この遅刻指導が始まってから遅刻が激減し,3ヵ年皆勤者が60数名と大幅に増加しました。まさに,4人にひとりが3ヵ年皆勤を達成している状況です。それと呼応するように,国公立合格者が100名前後と進学実績も健闘しています。
 3ヵ年間1日も休まず,たった1時間の授業もおろそかにせず頑張った生徒は,知性だけでなく,忍耐力・継続力・壁を乗り越える力が備わり,それが夢を実現する原動力になっているのだと思います。
 学校でも毎月登校指導を実施して,各学年及び担任と協力体制をとって指導に当たっていきたいと考えています。ご家庭におかれましても,なるべく早く家を出るよう呼びかけていただければ幸いです。
 

ご家庭へのお願い

  1. 遅刻・欠席をさせない。自分の足で登校させる。
  2. 朝ご飯をしっかりとらせる。体力は絶対必要
  3. 学校からの配布物は必ず出させ,全て読む。
  4. 模試や定期テストの成績はきちんと見る。
  5. 子どもをほったらかしにしない。しつけは家庭の仕事。
  6. 子どもと会話をする。夕食を食べながらがいい。
  7. 家庭内を勉強する雰囲気にする。テレビはニュース。

 高校生になったのだから,子どもに手をかけなくても良いということではなく,逆にこの時期だからこそ保護者としてしっかりと関わっていくことが,子どもを自立した高校生にしていくのかもしれません。

 

茨城県立下館第一高等学校いじめ防止基本方針

 本校では,いじめの問題の克服に向けて,「いじめ防止対策推進法」(以下「法」という。)第13条の規定に基づき,また「いじめの防止等のための基本的な方針」と「茨城県いじめ防止基本方針」(以下「県の基本方針」という。)を参酌し,いじめの防止等をするため,「茨城県下館第一高等学校いじめ防止基本方針(以下「下館第一高校の基本方針」という。)を策定いたしました。

 学校は,生徒にとって安全な場所であり,安心して学習活動等に取り組める環境でなければなりません。また,教育活動の計画・実践についても生徒の人間性を健全なものとして養成できるものでなければなりません。このためには,学校が生徒及び教職員の安全確保と生徒の人間性の健全育成に万全を期すとともに,家庭や地域社会と連携して取り組んでいくことが必要となります。
 また,生徒の学校生活における行動・状況を常に把握し生徒の心身の健康,安全の確保を最優先にした適切な措置や健康・安全指導ができる体制を確立することが重要となります。
 今後,この「下館第一高校の基本方針」に基づき,学校,地域住民,家庭,その他関係者と協力して,いじめの防止等に真剣に取り組んでまいりますので,本校に関係する皆様にご理解とご協力をお願いする次第です。

   こちらからどうぞ → basic policy.pdf

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立下館第一高等学校