トップページ > 同窓会> 活動報告> 創立80周年記念式典 

創立80周年記念式典

祝 創立80周年
成功のうちに幕。ご協力ご支援ありがとうございました。

日 時 2003年11月1日(土) 9時30分 ~
会 場 体育館
記念事業 校歌碑建立,校歌斉唱板設置
コメント 創立80周年記念式典を開催し,200名の来賓・招待者,1000名有余の在校生と教職員が参加しました。
 

創立80周年記念事業実行委員長・紫西同窓会会長 挨拶

『創立80周年を祝う』

創立80周年記念事業実行委員長・紫西同窓会会長 鈴木 啓正

 このたび創立80周年を迎え,関係の方々と共々に記念式典を盛大に挙行できますことは,誠にご同慶に堪えません。心からお祝い申し上げますと共に,実行委員会を代表いたしまして,心からお礼を申し上げます。
 本校は1923年(大正12年)4月,107名の入学許可と共に創立記念日と定められ,当時商業学校として設立致されましたが,戦後学制改革により,現在茨城県立下館第一高等学校として,幾多の人材を世に送っている次第であります。
 その伝統,気迫は立派に受け継がれて県下にリーディング校として進学その他に貢献し,高い評価を得ているところであり,紫西同窓会としても本当にうれしいことと喜んでいる次第です。
 筑波の西に緑野あり,鬼怒の流れに濯はれて,花匂はしく咲くところ,と西条八十先生に作っていただいた校歌を口ずさみ,校史をひもとき「下館一高」の姿を心に描いている今日です。母校のますますの発展を心から祈念し,挨拶と致します。


 

80周年記念式典 事務局 挨拶

80周年記念式典事務局 児玉 良弘

 2003年11月1日9時30分,下館第一高等学校創立80周年記念式典に200名の来賓・招待者,1000名有余の在校生と教職員が臨んだ。実行準備会が開催されて以来3年の月日が流れている。
 朝8時,校歌碑の除幕式が行われ,生徒会長・副会長も握りしめた綱を引いた。黒御影石に刻まれた校歌碑が朝日に映えた。受付開始に2年生の女子生徒は「おはようございます」とあいさつ,笑顔。そして笑顔。会場には和やかな緊張感が漂い,開式のことば。校長式辞に曰く「努力することの大切さ。心を尽くし,力を尽くし有為な社会人として飛躍してほしい」と。生徒会長は「80年の一致団結の歴史を未来につなげよう」と続き,クライマックスは校歌の大合唱であった。
 「あれから・・・。そしてこれから」私たちは真の幸福を求めて切磋琢磨していく覚悟である。


 

開催風景

 
 
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立下館第一高等学校